スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | 気になる話題と情報レビュー↑

自動車ローンを組むなら

私は都内に住んでいるせいか、自家用車の必要性をあまり
感じることがありませんが、時としてこんな時車が合ったらと
感じることもあります。

駐車場の費用がもっと安かったら絶対買うのにと、値内に
住んでしまったことを恨めしくもあり、それでも自家用車を
持っている人を見ると、羨ましくもあります・・・。

もし、車を購入することが出来るのでしたら
現在の家のローンもあるので、現在取引をしている
メインバンクで自動車ローンを組むのが一番かもしれません。

銀行ではローンを組んでいたり、給与の振込み口座指定を
していたりすると、利率を有利にしてくれるシステムがあるので
それが活用できればと思います。

少しでも利息の支払額を減らしたい為と、幾つもの金融機関からの
借入をしたくないため、車ローンも1社に絞りたいと思います。

私の様に住宅ローンを組んでいないのでしたら、通常の信販会社による
オートローンを組むのでしょうね。

今は月々の支払を自由に設定できるものもあり、支払方法が
ライフスタイルに合わせて決められるというのは
車を持ちたい人には、ローンを組みやすいシステムだと思います。
スポンサーサイト
【2008/09/05 10:39】 | ローン | トラックバック(0) | コメント(0) | 気になる話題と情報レビュー↑

不動産担保ローンを考える

融資というと色々有りますが、一般的なものとしては
住宅ローンがありますね。
これは、居住目的以外には利用できないものです。

銀行からの融資では、借り入れる本人に返済能力が有るかどうかの
審査をすることで、銀行はリスクを負わないようにします。

そこへいくと不動産担保ローンの場合、個人の信用力と不動産担保である
不動産の価値により、それに見合った金額の貸し出しが出来る為
金融機関にとっては、とてもリスクの無い不動産担保融資と言えると思います。
借りる側にとっても、不動産の価値が大きければ
多額の不動産融資を得られる可能性が高いのではないでしょうか。

では個人ではなく事業主にとっての融資について考えて見ると
事業の拡張や発展を主として計画を立ててゆく上で必要となる
資金調達を、銀行などの金融機関から事業融資を受けようとする場合
会社の規模や経営状態など、厳しい審査もあり
すぐに資金を調達できるとは限りません。

こんな場合でも、不動産を担保にすれば大口融資も可能ですし
資金使途は自由なので、すぐにでも事業拡大に役立てることが出来ると思います。
不動産担保ローンは、借入までのスピーディーな点と
長期分割の支払も可能なので、しっかりした返済計画を立てるのも
大切ですね。
【2008/07/16 10:38】 | ローン | トラックバック(0) | コメント(0) | 気になる話題と情報レビュー↑

マイカーローン

住宅や自動車の購入時に、お金を借りる際に重要なポイントとして
気を使わなければならないのが金利です。

つい最近自動車の燃料として使われるガソリンの急騰により
自動車を保有している方や、まだ借金の返済が済んでいない方たちに
とっては、家計を逼迫させることになりました。

マイカーローンの金利には、固定金利と変動金利がありますが
借り入れる時点で、日本をはじめとする世界の金利動向を把握するのには
貸す側もヒントを提示してはくれないのが普通です。

これから先金利が動動くか、または動きそうに無い、あるいは
動いたとしても微々たる動きだろうというような
推理を自分で判断する必要がありますね。

変動金利の場合は、6ヵ月後との金利の見直しなどがあるようですから
金利が上がるにしても下がるにしても、急激な金利の上昇や
下降が見込めないときは、なるべく固定金利にしたほうが
よいのかなと、私は思います。
【2008/06/25 13:04】 | ローン | トラックバック(0) | コメント(0) | 気になる話題と情報レビュー↑

5年以上の返済をされている方は、利息の過払い過ぎてるかもしれません

お金を借りている場合、毎月の返済額は決まっているのが
普通です。
住宅ローンや車のローンなどでは、信頼できる信販会社との
契約ですから、契約すると毎月の返済額が提示されますので
安心です。

しかし、これが消費者金融と言われる貸金業者ともなると
話しが変わってくるようです。

金利には法令で上限が定められていますが、実際問題
上限が守られているのかどうかを、お金を借りた側は
調べるようなことはしません。

消費者金融に5年以上の返済を行っているとしたら、利息を
過払い過ぎている可能性が高いとのこと。
心配な方は、総合司法書士事務所に相談して見るべきかもしれません

総合司法書士事務所では、過払い金があった場合、返還請求の
手続きを行うことが出来ますし、こういった借金問題に関する
プロフェッショナルなんです。

現在借金は完済して、支払う義務が無くなったとしても
長期の返済期間があったのであれば、見直してみるべきかもしれません
取引終了後10年であれば、過払い金の返還請求が出来ますので
5年以上の返済期間のあったかたは、1度相談されることをお奨めします。
【2008/06/19 13:43】 | ローン | トラックバック(0) | コメント(0) | 気になる話題と情報レビュー↑

グレーゾーン金利には断固、過払い返還請求しましょう

自由なお金を借入れすることを、金融業者ではキャッシングと呼んでいるそうです。
消費者金融のキャッシングの返済方法は、リボ払いが採用されていて、銀行のカードローンとあまり変わりません。

消費者金融のキャッシングの借入れ限度額は、一般的に50万円くらいで
早急にお金が必要な人や、審査やカードの発行の時間が短いほうが良いと思っている人にとっては、消費者金融のキャッシングが便利です。

審査はその日で終わることがほとんどで、カードの発行も即日に発行されるところが多いようです。
消費者金融でのキャッシングの良いところは、ATMで気軽に借り入れが出来る点でしょう。

しかし、きちんと消費者金融でのキャッシングの際には、計画性を持って借り入れをすることが大切です。

返済計画はもとより、借り入れの際の金利についてしっかりと把握しておくべきなのは
当然のことで、長年の借り入れに関しては、利息制限法の上限を超える利息を
払いすぎている可能性もあるので、注意が必要です。

しかし、このように言われれば「あぁ、そうなのかな」って再考する事が出来ますが

利息制限法にのっとって貸し出しをしていると謳ったパンフレットを
そのまま鵜呑みにしやすいのは、借りる側の弱みかもしれません

早急にお金が必要とか、緊急を要する高額の借り入れ時に
利息制限法がどうのこうのというよりも、審査が通るかどうかのほうが
気になりますよね。

お金を借りる以上、利息がついて回るのは当然ですから
利息を過払いしないよう、もっと注意すべきですね。

もし利息を過払いしていた場合は
その過払い金を「過払い請求」できますので
司法書士事務所などに相談してみるとい良いでしょう。

払わなくても良い利息を払ってしっているのかどうかわからない場合でも
相談にのってくれますので、不安を感じているのならば
すぐにでも相談を申し込みましょう。

貸し金業者の中にはグレーゾーンといわれる利息制限法にのっとっていない
不当金利を搾取している場合がありますので、そういった貸し金業者から
断固、過払い返還請求をしましょう!
【2008/03/01 11:47】 | ローン | トラックバック(0) | コメント(0) | 気になる話題と情報レビュー↑
| 気になる話題と情報レビューのTOP | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。