スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | 気になる話題と情報レビュー↑

気になる言葉、「任意整理」と「自己破産」の違い

時々テレビや新聞、インターネットで目にすることもある
言葉に中に、あまりよく理解できていない、或はなんとなく
解ったつもりでいる言葉があります。

例えば、任意整理や自己破産

もう、何年も経ちましたがバブル経済が崩壊した後
株取引をしていた多くの方たちは、相当の損失を被って
資産の大半が亡くなってしまった方もいたようです

その後の経済も、なかなか持ち直すことも無く
中小企業や個人経営の会社は、どんどん倒産していったことを
記憶しています。

その頃、私の知り合いにも自己破産をした方もいましたので
ちょっと気になって調べて見ました。

まず「任意整理」ですが、債務の額が自己破産を申し立てるほどの
多額でないということ、そして一定の役職に就き、確実な収入が有るので
長期分割の支払いが可能であるので、弁護士を代理人に立てて
債権者との交渉をしてもらうことで、利息制限法に基づいて残った債務を決め
一括か分割で、無理のない返済の計画を組もうをするものです。
この時、弁護士を債務者の代理人として立てた場合
債権者は、債務者に直接債務の催促や取立てが出来なくなります。

次に、「自己破産」ですが、これは負債金額が多額で任意整理では
難しい場合、居住地の地方裁判所に対して、自己破産申請を行います
この場合、申請者本人についての財産や多額の負債を負った経緯や理由など
細かな点まで裁判所では事情聴衆し、申請者が充分反省しているか
などの点を判断し、破産宣告が妥当だと判断されれば破産宣告がなされます。

その後、免責申し立てを行い、免責に対し債権者からの異議の有無を
調査した上で、審理され決定します。
無事免責が決定されれば、借金の支払義務は消滅します。

私自身、任意整理や自己破産に陥らないよう、大金獲得を夢見て
知識も無い投資商品に手を出したり、ギャンブルで一攫千金を狙わないよう
こころして日々の生活を過ごしてゆこうと思います。
スポンサーサイト
【2008/05/16 10:25】 | 政治・経済 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気になる話題と情報レビュー↑

最近の株式投資について思うこと

昨年の2月末頃に起きた世界同時株安では、現在世界の市場の
動向に大きく影響しているサブプライムローン問題は
誰も口にしなかった。

確かあの時は、上海市場の株価急落が原因として挙げられていた。

しかし、今もなお燻っているサブプライムローン問題の解決の
目途さへたっていないのではないだろうか。

日々の株式市場に目を向けると、大幅な値幅で株価が上下している
のが解る。

これは投資家にとっては非常に手を出しにくい状況だ。
300円ダウが上がったと思ったら、翌日には400円下がる
こんな相場では、個人投資家はなかなか手を出せない

日本だけがこのような状況ではなく、世界的な株価
不安定の相場に陥ってしまっている。

最近はサブプライムローン問題がどうなったのかさへ聞かない
アメリカの2003年~2005年頃に起きた一大住宅ブーム時に
低所得者や返済遅延経験者にさへ、どんどん貸し付けを行った
ために起きてしまったことは、周知の事実です。

そもそも住宅ローンは、返済当初は低金利を謳い文句に
2~3年間は金利分を上乗せしていない返済額ということで
これならと、住宅購入者は安心してローンを組む

しかしその後は金利分が上乗せ荒れるので、いきなり返済額が
跳ね上がるような仕組みなっている。

サブプライムローン問題は、安易に過剰貸付を行った
金融機関による見解の甘さによりおきた問題だと思う。

だからといって、株式に魅力が無くなったわけでは有りません。

株式を購入すると、投資家にとっては有利な点があります。
それが株主優待です。

規程株数を所持し、実質株主報告がされれば企業から
株主優待が受けられるのです。
中には5000円相当の商品とか、自社製品など
株主優待を目当てに株式を購入する投資かもいます。

ネットで調べれば、企業ごとの株主優待情報を知ることが出来ます。
そう、どんな優待が得られるのかが事前にわかるんです。

利益を得ることを目的とする投資家もいれば
株主優待を目当てにする投資家もいるんです。

もちろん、両方を得ようとする投資家も。

【2008/03/06 14:00】 | 政治・経済 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気になる話題と情報レビュー↑

プロパンガスの特徴

電磁調理器が最新の調理用家庭電化商品として販売されていますが
火を使わないと言うことで、安全性においては納得できる面もあります。
それに対し、プロパンガス経済的な面や安全性についても
注目したいところです。

東京都内に住んでいるかたの多くは、都市ガスを何の躊躇もなく
当たり前の様に使用しています。
供給方式の利便性はありますが、料金自体は少々高く思えます。

それから災害時の不安を感じている人は少ないのではないでしょうか?
地下を通している導管が、地震などの災害時に支障をきたした場合
修復にどれだけの時間がかかるのか、見当もつきません。


その点、プロパンガスを利用している地域では、修復を要するような
被害に見舞われることも無い為、すぐにガスの使用が出来ると言う
利点があります。

このプロパンガスに関する知識も、私たちは乏しいのが現状です。

どういうことかと言うと、プロパンガスを扱っている業者によって
値段がまちまちだという事です。
現在プロパンガス料金は自由価格制となっており、消費者が自由に業者を
選ぶことが出来るようになっています。
販売店同士のプロパンガス価格の競争とまでは行かないまでも
多少の価格の差があるようです。

その点、都市ガスは認可料金ですから家庭ごとに値段が違うということは
ありません。

つまり、プロパンガスを使用している家庭は、お隣さんとは値段が
違うことも有り得るのです。

電磁調理器プロパンガスの違いを比較しても、プロパンガスのほうが
月毎の費用は割安です。

電磁調理器の場合、利用できる調理鍋は特定されていて
高価で重いものでなければ利用できない場合が主です。

1番の違いは熱量と火力の違いです。
電磁調理器の熱量の調整には、火力表示を見ながらの調整になりますが
調整したからといってすぐに反映されるわけではなく、タイムラグが
あります。

その点プロパンガスの場合、火力の調整は火の大きさを目で確かめながらの
調整となるので、瞬時に反応してくれます。

そのほか、グリルとヒーターを同時に使った場合の電磁調理器の場合
熱量が落ちてしまい、同時使用には向いていません。

調理に関して言えば、電磁調理器の場合、熱が鍋底にしか伝わらず鍋全体に
熱が回らない為、煮えムラができやすいという欠点がありますが
プロパンガスの場合は、鍋全体に熱が回る為、煮えムラが出来ません。

有効熱量自体に差があり、電磁調理器の場合は2W型で1290kcal
プロパンガスの場合、2000kcalというハッキリした違いがあります。

どちらを選ぶにしても、私ならお得で利用性の高いガスを選びたいですね。
【2007/11/30 14:18】 | 政治・経済 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気になる話題と情報レビュー↑

身近なところから節約生活

普段の生活の中でどのように節約をすれば効率的なのか
また、その方法までは知らない部分が多いですよね。
チョッと考えて頭に浮かぶのは

・使わない機器のコンセントは、こまめに外して待機電力の節電。
・トイレのタンクにペットボトルを入て、水道代を節約。
・冷蔵庫の扉はすぐに閉める。

今思いつくのはこれくらいですね。

以前テレビで見たことがありますが、「1年間の節約で100万円貯蓄に成功!」
なんてのは興味津々で見てましたが、今ではもう忘れちゃいました!

私のように節約法を知りたいけど、自分から調べる事はしないっていう人いませんか?
それならば私が見つけた、節約に役立つ情報サイト「節約ガイド」を紹介します。

このサイトでは、見ていただけば解るように難しい節約術を紹介しているのではなく
独身の若者向けに紹介されている情報ばかりです。
ですから、ちょっとした簡単な方法な為、節約生活の知恵が知らぬ間に付いてしまう
ぐらい、わかり安く説明されています。

独身者向けといっても、主婦の方にも参考になる知らなかった節約術もありますよ。

色々ある中で、私が知らなかったことがありました。
それは、「水は買わずにただでもらいましょう」っていうやつ。

そりゃ無理でしょうって、読んでみると、こんな方法があったなんてビックリでした。

私がやっている節約術は、使わないテレビやビデオのコンセントを抜いておくってことです。
待機電力って、バカにならないですからね!

皆さんも「節約ガイド」を活用して、節約生活を始めませんか?
【2007/11/19 13:06】 | 政治・経済 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気になる話題と情報レビュー↑

お正月にはおせち料理

来月はクリスマスのイベントが各家庭や学校、塾などで催され
それが終ると新しい年を迎える為の準備やら、会社や仲間内での
忘年会と行事が目白押しですね。

さて、お正月といえばおせち料理も師走の押し迫った頃には用意をしておかなければ
なりません。

最近、我が家ではコンビニエンスストアに置いてあるギフトのカタログや
スーパーのカタログから、おせち料理の予約をしています。
私は妻に作って欲しいのですが、妻にとっては片手間に出来ない料理なので
予約販売のおせち料理に頼っています。

そのため、昔とは違って多種のおせち料理を作り置きしておく手間も無く
簡単な買い物だけですんでしまう、奥様がたにとっては便利な世の中になりました。

私が子供の頃は、予約販売などというものは無く、母が全て手作りでおせち料理を
作っていました。
そのためか、昔が懐かしく予約販売のカタログから選ぶときは
母の作ってくれたおせち料理を思い出させてくれるような
豪華でもなく、粗末でもない決まった具材の入ったものを選びます。

それは、母が私や兄の好きな「金平ごぼう」「伊達巻たまご」「栗きんとん」を
必ず多めに入れてくれていたので、この3品は外せません。
今は亡き母の思い出の味は、忘れられるものではありませんね。

一年の計は元旦にあり、ということで無病息災と子孫繁栄の願いを祈った
おせち料理は、縁起物以上の意味を持つと思います。
【2007/11/07 14:08】 | 政治・経済 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気になる話題と情報レビュー↑
| 気になる話題と情報レビューのTOP | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。