スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | 気になる話題と情報レビュー↑

最近の株式投資について思うこと

昨年の2月末頃に起きた世界同時株安では、現在世界の市場の
動向に大きく影響しているサブプライムローン問題は
誰も口にしなかった。

確かあの時は、上海市場の株価急落が原因として挙げられていた。

しかし、今もなお燻っているサブプライムローン問題の解決の
目途さへたっていないのではないだろうか。

日々の株式市場に目を向けると、大幅な値幅で株価が上下している
のが解る。

これは投資家にとっては非常に手を出しにくい状況だ。
300円ダウが上がったと思ったら、翌日には400円下がる
こんな相場では、個人投資家はなかなか手を出せない

日本だけがこのような状況ではなく、世界的な株価
不安定の相場に陥ってしまっている。

最近はサブプライムローン問題がどうなったのかさへ聞かない
アメリカの2003年~2005年頃に起きた一大住宅ブーム時に
低所得者や返済遅延経験者にさへ、どんどん貸し付けを行った
ために起きてしまったことは、周知の事実です。

そもそも住宅ローンは、返済当初は低金利を謳い文句に
2~3年間は金利分を上乗せしていない返済額ということで
これならと、住宅購入者は安心してローンを組む

しかしその後は金利分が上乗せ荒れるので、いきなり返済額が
跳ね上がるような仕組みなっている。

サブプライムローン問題は、安易に過剰貸付を行った
金融機関による見解の甘さによりおきた問題だと思う。

だからといって、株式に魅力が無くなったわけでは有りません。

株式を購入すると、投資家にとっては有利な点があります。
それが株主優待です。

規程株数を所持し、実質株主報告がされれば企業から
株主優待が受けられるのです。
中には5000円相当の商品とか、自社製品など
株主優待を目当てに株式を購入する投資かもいます。

ネットで調べれば、企業ごとの株主優待情報を知ることが出来ます。
そう、どんな優待が得られるのかが事前にわかるんです。

利益を得ることを目的とする投資家もいれば
株主優待を目当てにする投資家もいるんです。

もちろん、両方を得ようとする投資家も。

スポンサーサイト
【2008/03/06 14:00】 | 政治・経済 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気になる話題と情報レビュー↑
<<世界の偉人が旭化成の面接を受ける[sekamen] | 気になる話題と情報レビューのTOPへ | 『メディアパーク』-あなたのまわりの新NEW大募集->>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://qqqww33.blog122.fc2.com/tb.php/171-59d81c30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| 気になる話題と情報レビューのTOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。