スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | 気になる話題と情報レビュー↑

知っておきたい「冠婚葬祭のマナー」

ここ3年間で、私自身の実母や親戚の葬儀に出席する
機会が増えてきたのは、年齢を重ねてきた証拠でしょうね。

しかし、私の母のときは悲しみに浸っている暇もなく
通夜から告別式へとどんどん段取りを決めていかなければならず
人1人が亡くなった場合、こんなにも多くの事柄の準備が
必要なのかと、驚いたものです。

亡くなられた人への思い出に浸るのは、案外日が経ってからでないと
出来ないものだなと、ため息しか出ませんでした。

しかし、人が亡くなった場合の段取りなど
未経験者にとっては周りをキョロキョロするだけで
何をどのようにやってよいものなのか
あるいは、何をすべきなのかが解りません。

そんな方のためにあるのが『冠婚葬祭マナーガイド』です。

このサイトでは、冠婚葬祭 マナーについて解らなかった事柄や
冠婚葬祭の様々なシーンでのマナーを学ぶことができます。

1日1回このサイトに訪れて、各項目を一つづつ読んでゆくか
順序だててノートやパソコン内のエクセルなどに
メモをしておくと、いざという時にはとても役立たせることが
できるはずです。

日本の文化の象徴とでもいえる冠婚葬祭の方法は
古き伝統を重んじた順序で執り行っているように思えます。
結婚式に関しては、最近は教会やレストラン、ガーデンなどと
外国を真似た方法が好まれているようですが

当事者が「こんな風に皆に祝って貰いたい」という
当事者主体の式になっているように思われます。

どんな方法であっても、そこには祝う側も
祝福される側も、マナーあってこそ思いで深き式になるのだろうなと
感じました。
スポンサーサイト
【2008/09/29 13:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気になる話題と情報レビュー↑
<<生活習慣で注意していること | 気になる話題と情報レビューのTOPへ | 理想のウェディングスタイルが見つかる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://qqqww33.blog122.fc2.com/tb.php/415-20d64a23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| 気になる話題と情報レビューのTOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。