スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | 気になる話題と情報レビュー↑

ダイエット中のイライラやストレス、どう吹き飛ばす?

この記事はダイエット中のイライラやストレス、どう吹き飛ばす?のテーマに投稿しています。

ダイエット中は食べられないストレスを感じてしまい
なかなか長続きしないのが」現状のようですね。

「●●ダイエット」といった、一つの食品に特化したダイエット法や
多くのダイエット法が紹介されていますが、そもそも「ダイエット」の
本来の意義をご存知で無いかたが多いようです。

ダイエット」とは”改善”という意義をもっています。
生活習慣や食生活の改善により、不健康体質となった身体を
改善することにより、不用意に付いてしまった皮下脂肪や
内脂肪を代謝機能を高めることによって燃焼させたり
排出させるよう、身体そのものをより健康体へと改善してゆくのが
本来の意義なんです。

ところがこの改善によって脂肪を燃焼させることで身体についた
脂肪が減り、体重も減り、スマートな身体になるということが
表立って取り上げられた為、「ダイエット=痩せる」という
定義を作り上げてしまったのではないかと私は考えます。

食べないことで痩せるのがダイエットではありません!
食べなければダイエットにならないのです。

こう言うと、皆さんは「何を逆説を唱えてるんだ!」と
思われるかもしれませんが、これは本当のことなんです。

身体を健康体へ改善する為には、栄養バランスのとれた食事が
不可欠なのです。
3大栄養素という言葉を聞いたことがあると思いますが
たんぱく質、脂質、炭水化物をうまく取り入れるということは
しっかりと食事を摂らなければならないということなんです。

食事を最小限に抑えるということを実践して
「やったぁ~!痩せたぁ!」と、喜ぶのは大間違いです!

身体は正直です。
頭で考える「痩せるには、食べない。」なんて愚かなことは
身体は決して良しとしません。

頭で考え実践した食べない痩せる法の目的が達成されたとたん
身体はあなたの意思に反して、強攻策を取り始めます。

それが「食べる」ことです。
食べないでいた期間中に不足した栄養分を、何が何でも体は
あなたの意思を無視して、脳に「食べろ」と命令し続けます。
いくら不足した分の栄養分を補うくらい食べたとしても
身体は「食べろ」の命令を止めません。

何故ならば、再び食べない痩せる法を実践されては身体にとっては
不都合だからです。
そのため食べれるうちにどんどん栄養分を身体に蓄積しようとするのです
これが「過食症」に繋がります。

ダイエットの本来の意義を知らずに、身体に負担を与えるような方法で
痩せようとすれば、身体がストレスを感じるのは当たり前です。

私も長い期間ダイエットを実践していますが、食べることを控えるのは
不要な糖質や脂質を抑えることぐらいです。
3大栄養素をうまく取り入れることで、体重はふぇる事も無く
だいたい一定しています。

でも、たまには思いっきり甘いスィーツを食べたりしていますが
毎日欠かさず運動もしていますので、ショートケーキ3個一気食いなんか
しても、体重は変わりません。

ダイエットを成功させるにはストレスは禁物です。
そのためには、食べることです!
栄養バランスを考えた食事を、3食摂ることなんです!

でも、栄養バランスのとれた食事といったってどんな食事?って人
いますよねぇ。
先ほども言った3大栄養素をうまく取り入れた食事といっても
ちんぷんかんぷんかもしれませんね。

けど、自分の身体をケアしてあげげられるのは貴方自身しかいないってことも
理解してください。
やはり勉強しましょう!

勉強しながらでも、栄養バランスの良い食事は摂れます。
ダイエット食品には、栄養の配分が最適化されたものが多いですから
それらを有効に活用するのがいいと思います。

食べられる喜びがストレスを排除します。

私なりのあまり多く食べずとも、満腹感をえられる方法があります。
それは、食事の最後に甘い物を食べることです。
例えば、甘く煮た黒豆であったり、果物であったり
糖質は体内に入ると、すぐにブドウ糖となって血中に入り脳に贈られ
満腹中枢を刺激することで満腹感を得られます。

こんなちょっとしたことでも、ダイエットに通じます。
試して見てください。

[ブロ記者]
スポンサーサイト
【2008/01/11 14:16】 | 美容 | トラックバック(0) | コメント(0) | 気になる話題と情報レビュー↑
<<●過去登場したPPCツールを凌駕するツール「PPC忍者」●●● | 気になる話題と情報レビューのTOPへ | 私の実践しているSEO対策>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://qqqww33.blog122.fc2.com/tb.php/97-ebae8139
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| 気になる話題と情報レビューのTOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。